必要以上に損をしないための葬儀情報

お花に囲まれた価値ある家族葬儀を望むなら

家族葬が増えてきた理由

変化してきた日本の冠婚葬祭

現在の日本は核家族化や高齢化が進み、人と人とのつながりが弱くなってきているのが現状です。
昔は隣近所にどんな人が住んでいてというようなことはだいたいの人が把握していましたが、現在はそれさえもわからない人が多いのも現実です。
このような社会の雰囲気の中で、家族葬というものが日本の葬儀のなかで多くなってきています。

家族葬儀は自由なお葬式

家族葬儀のスタイルには決まった定義はなく、一般的に近親者や親しくしている人が集まって、故人との別れの時間を過ごすというふうになっています。
このようなスタイルがなぜ増えてきたかというと、故人が退職して数年経っており会社とのつきあいがなくなってしまった、また親しくしていた人もすでに亡くなっており、葬儀を行ってもそんなに来てくれる人がいるわけではないなどの背景からです。

遺された遺族が希望したり、故人の遺志だったりします

ほかの理由としてはゆっくりとした時間の中で故人を見送りたい、香典をいただいてそのお返しをするという手間を省きたい、大きな葬儀をせずにこじんまりと行って費用を抑えたいというような希望から家族葬の形をとる人もいます。
このように理由はさまざまですが、家族葬儀が価値ある葬儀であることに変わりはありません。
一般の葬儀のように祭壇を準備して参加するのは近親者のみであったり、葬儀はこじんまりと行い火葬のみを行うという方法をとる人もいます。

お葬式の本質は故人を悼むこころ

どのような理由があっても大切な家族との別れの時間を過ごし、お見送りをするということにかわりはありません。
費用も多ければいいというわけでもなく、少なければ悪いということでもないのです。
どのような方法の葬儀を行うとしても、気持ちのこもった故人に喜んでもらえるようなあたたかい葬儀が一番大切なのです。
それを行うときに一般的な葬儀にするのか、家族葬という形をとるのか家族とよく相談することが大切です。

必要以上に損をしないための葬儀情報新着記事一覧