必要以上に損をしないための葬儀情報

お花に囲まれた価値ある家族葬儀を望むなら

人気が高い家族葬の実施方法と事後対応について

費用の安さと手伝いのいらなさが家族葬が選ばれる理由

家族葬は、昔でいうところの密葬の事です。
近親者のみで行うためそう呼ばれています。
大々的な葬儀ではなくて、近親者のみでお通夜と告別式をひっそりと執り行います。
価格が安いのも人気がある理由です。
葬儀では、近所の人たちも参列して、手伝いをするのが一般的です。
そのため、煩わせてしまうという思いがないわけではありません。
そういう事に悩まなくてもいいで、気持ちの面で楽なのではないでしょうか。

家族葬を執り行った後の対応

近親者のみで執り行う家族葬は、故人をよく知る人たちがゆっくりと別れの時間を過ごす事ができます。
故人が亡くなったことは、通夜告別式を終えた後に、ハガキの文面という形でお知らせするという事です。
その際、通夜告別式を近親者のみで終えたという事を理解してもらうための配慮が必要になります。
まだ、社会的に浸透していないのが理由です。
故人の気持ちを汲む形で、近親者のみで葬儀を執り行った事を伝える事が大切です。
家族葬をした後は、故人を偲ぶ会やお別れ会という名目で、食事会を開くという事です。

人気が高い理由は、単に価格が安いからではありません。

最後のお別れの時に、故人の棺に一人一人花を入れて別れの挨拶をします。
それぞれ、心の内を故人に語り掛けてじっくりとお別れをする事ができます。
故人をよく知る人たちによって行われるため、より気持ちのこもった葬式をする事ができるからです。
小規模な葬儀ですが、拘った葬儀にする事もできるという事です。
風習としては、最後に棺のふたを閉めた時に僧侶が半分ほど打ち込んだ釘を、小石で最後まで打ち込むという事をします。
そうする事で、最後の未練を断ち切るという意味が込められています。
それぞれ、遺族の方たちも石を打ち込みます。

家族葬儀の作り方記事一覧