必要以上に損をしないための葬儀情報

お花に囲まれた価値ある家族葬儀を望むなら

葬儀に持参する香典のマナー

香典は「いくら包むの」「どう書くの」

結婚式で渡すお金を「ご祝儀」と言いますが、一方葬儀で遺族や親族に渡すお金のことを「香典(こうでん)」と言います。
これは、抹香や線香の代わりに故人の霊前にお供えするもので不祝儀用の袋に現金を入れてお渡しします。
意外と知らない香典のマナーについてお話したいと思います。

香典袋の選び方

まず始めに、香典は仏教式での言い方です。
宗教によっては作法も名前も異なりますので、訃報の知らせが来たら確認をしておくと良いでしょう。
宗教が分からない場合、広く使えるのが「御霊前」と書かれた不祝儀袋です。
ハスの花の絵が描かれているものは仏式にしか使えませんので注意をしましょう。

香典袋への名前の書き方

では、書き方についてです。
水引の下、「御霊前」の真下に、自分のフルネームを筆(筆ペン)で書きます。
この時、「涙で墨が薄くなってしまった」という意味を持つ薄墨を使います。
ただし、漆黒の墨であっても「丁寧に心をこめて擦った」という意味になるので失礼になりません。
ですが、今後も考えて薄墨のものを1本用意しておくと良いでしょう。

中袋の書き方とお金の包み方

中袋には、裏に金額と自分の氏名・住所を同様に薄墨のペンで書きます。
住所を書くのは、親族がお礼状などを書くときに分かりやすいためです。
中に入れる金額は、故人との関係・あなたの年齢によって異なりますので確認をしておくようにしましょう。
お札の枚数が複数になるときは、向きを揃えて入れるようにします。
この時に、新品のお札は一度折り目をつけてから入れましょう。
新札は「死を予感して準備していた」とされ失礼にあたります。
最近ではそれほど言われませんが、やはり倣うのがスマートです。
ただし、だからと言ってしわしわのお札や汚れたり破れたりしたお札を入れるのは大変失礼です。
いざという時に慌てないためにも、マナーとして押さえておきたいですね。

家族葬儀の作り方記事一覧