必要以上に損をしないための葬儀情報

お花に囲まれた価値ある家族葬儀を望むなら

父親を家族葬で送り出した体験談

父親を病院でなくした経験

私は会社に勤務して18年目になる会社員です。
家族には妻と中学生の娘と小学生の息子がいます。
10年前に購入したマンションで暮らしています。
私は大学時代までは、実家で暮らしていました。
就職に合わせて実家を出て、暮らしています。
私の実家では両親が暮らしていました。
しかし昨年には父親が病院に入院をしていましたが、亡くなってしまいました。
父は半年ほど病院に入院をしていたので、資金が無いために母親は、大きな葬儀を行うことは出来ないと言っていました。

実家で行える家族葬

私は母親と相談をして、本当に近い身内を集めただけの簡単な形式で父を送り出すことを決めました。
そこで近くの町屋斎場での家族葬を希望し、相談を行いました。
お通夜を行い、火葬して告別式を行って、父の遺骨をお墓に納骨することを決めました。
私は葬儀業者に連絡をして、家族葬で行うことを伝えて段取りを行ってもらいました。
葬儀業者の方は父が亡くなってから、実家で家族葬の準備をしてくれました。
父を送り出す儀式は全て実家で行うことにしました。

お通夜も告別式も実家で行うことが出来ました

お通夜には親戚の方や実家の近所の方が数名来てくれました。
本当に少ない人数で行いました。
お通夜を行った翌日には、私の家族と母親と親戚の数名とで火葬場に行き、そのあとに告別式を実家で行いました。
告別式を行った後には、父の遺骨を持ってお墓に行き納骨をしました。
本当にお通夜から納骨するまでは、簡易的に行いました。
父の葬儀は簡単に行いましたが、父は親戚や家族に見送られて喜んでくれていると感じました。
家族葬で行ったのでとても経費も節約できましたし、母親も喜んでくれていました。
私は母親が一人暮らしを始めたので、マンションに呼んで同居を始めています。
これからも父の為にも家族で、仲良く幸せに暮らして行きたいです。

家族葬儀の作り方記事一覧